営農部門

 全国的に農家の人手不足が叫ばれる中、愛媛県内でも高齢化を理由に離農が進み、若年層の担い手も増え難い状況が続いています。


 田植の時期になっても作物が何も作られない、雑草が生えたままの田畑が年々増加傾向にあり、物寂しい風景が目立ってきました。


愛媛県の農業にも、過渡期が訪れているようです。

 そのような状況の中、”水の都”と呼ばれ、古くから稲作農業が盛んだったこの地を活気付けようと思い、弊社が営農団体を立ち上げることとなりました。


 平成28年に西条市より農業経営改善計画の認定を受け、本格的に稲作事業をスタートしています。


 社内にも農業経験者が在籍しており、ノウハウを熟知した従業員が土壌づくり、田植え、収穫その他管理まで一貫して行います。

 今では使われることが無くなった農地の権利を取得し、年々面積を広げ、収穫量を増やしてきました。


 若い社員達も、先輩の作業を見て・聞いて・実際に体験しながら農業を学び、未来へ技術を引き継ぐサイクルを形成しつつあります。

 

 山と海に囲まれたこの地の豊かな自然とともに、はるか昔より営まれてきた稲作農業を守り、受け継いでいきます。


Gallery